ローンの情報が分かりやすい

車の購入で利用のオートローンの審査

車を購入したいとき、現金一括で購入するか、
オートローンを組むかという選択肢があります。
車といっても数十万円から数百万円とかなり幅広いのですが、
金額が高ければ高いほどオートローンを利用する率が高くなりますね。

オートローンの審査はキャッシングよりは厳しい

ですが、誰でも借りられる訳ではなく、オートローンにも勿論審査があります。
審査に通らなければ、欲しかった車は購入できないということになってしまいますね。
これが結構審査落ちする方が多いのです。
金利は業者によってまちまちですが、消費者金融などからキャッシングするよりは
かなり安い金利で借りることが出来るので、その分審査も少し厳しくなります。

総量規制の対象にはなならいが、年収が低すぎると審査に通らない

しかし、なぜ落とされたかということは明らかにされません。
車の購入の場合、総量規制の対象外ですから、
年収の三分の一を超えたからといって落とされるわけではありません。
ただ、あまりにも年収が少なければ落とされる可能性が高くなりますね。
300万円あれば恐らく大丈夫だと推測できます。

他に借入があったりすると通らない事も

また、自分に覚えが無くても何かの借金の返済を延滞している場合は、
間違いなく審査落ちとなるでしょう。
本当に何のことだか分からないというときは、
CICなどの信用情報機関で自分の信用情報を閲覧してみると良いですね。
通れば、一旦購入した車はお金を借りた業者の所有物となります。
車検証を見れば分かりますが、所有者はオートローン業者、
使用者は車を購入した人となっているはずです。
全額借金を返しきらなければ、車は自分の所有物にならないというわけですね。

すでにオートローンを利用している方で借り換えを検討している方は
オートローンの借り換え」 のページも合わせてお読みください。