ローンの情報が分かりやすい

教育資金必要額

教育資金の必要額は、子供にどれくらいの習い事や塾などをさせるか、
部活動などはどうするか、学校を公立にするか私立にするか、
自宅通学か下宿かなど、様々な条件によって異なってきます。

しかし、小学校から大学までの間に少なくとも1000万円程度は必要になりますし、
私立に通ったり、遠方の大学に進学した場合などはさらに跳ね上がってしまいます。
これらの費用を教育ローンや奨学金でまかなう家庭も少なくありませんが、
これらの借入は使途が厳密に定められていますし、上限金額も決まっています。

目的ローンではまかなえない場合、キャッシングなどのフリーローンもある

教育費が高い学校に通っていたり、生活費が高くなる地域に一人暮らしを
している場合などは、これらのローンではまかないきれなくなってしまいます。
こういった場合には、キャッシングのように使途が自由な借り入れを
利用するというのも一つの方法です。

キャッシングでは、毎月の最低限の返済金額は少なめに設定されていますが、
繰上償還に手数料がかかりませんので、特に収入の変動が激しい家庭の場合には、
収入に応じて自由に返済金額を決めることができます。

もちろん、最低限の返済をしていれば、特に損害金などがつく心配はありませんが、
基本的に利率が高くなっていますので、余裕があるときにはできるだけ
多めに返済したほうが良いでしょう。
きちんと返済をしていて利用限度額の範囲内であれば、
追加借り入れも自由にできますので、
急な支出が発生したときにもすぐに現金が用意できます。